一人暮らし 引越し 手順

一人暮らしの引越しをスムーズに完了させる手順

初めての方でもわかるように、要点と順番にこだわりました。
この順番に実践してもらうだけで、スムーズに最後まで引越しが出来ますので、ぜひ見てみてください。

話を聞く男性

引越し日を決定して業者を探す

引越しの日程をなるべく早めるほうが有利です。
引越し日の2週間以上前に決めると業者は選びやすくなります
2月や3月などの繁忙期は、1ヶ月以上前に決めたほうがいいでしょう。

  • 早期割引があるかもしれない
  • 直前だと予約が取れない業者が増えてしまう

直前になると、引越し会社の予約は取りにくくなりますので、費用が高かったとしても依頼するしかありません。
早めに予約する事で、条件がいい引越し会社に依頼できる確率が高くなります。

 

引越し会社への依頼は、無料の一括見積もりサービスを利用します。

この2社を利用するだけで、多くの引越し会社に依頼する事が出来ます。

下矢印

住所変更の手続きをしておく
  • クレジットカード・銀行口座・インターネットネットプロバイダーの住所変更
  • 市役所や区役所で転出届の手続きをする
  • 電気・ガス・水道の契約と解約・移転など

メインで使っている、クレジットカード、銀行口座は使えなくなると困るので、住所変更をしておいたほうがいいです。
インターネットプロバイダーは、移転工事に時間がかかる事があるので、一番先に連絡しておくといいでしょう。
転出届は、引越し日と引越し先が決まっていたら、いつ取得しても大丈夫です。
電気・ガス・水道も、引越し日が決まった段階で知らせておきます。

下矢印

いらないものを処分しておく

荷物をなるべく少なくしておく事で、安い一人暮らし向けのプランが利用できるようになって、引越し費用を抑えられます。
荷物は少ないほどいいわけです。
特に、ソファー、タンス、家具、洗濯機、冷蔵庫、エアコンなど、大型のものは処分するかどうか検討します。
費用が結構上乗せされますので、いらないなら売るなり捨てるなりしておいたほうが安上がりです。

 

不用品の処分は、ページ下部で紹介している、「引越し侍」を利用すると、同時に手配してくれます。

ものによっては買取も可能という事なので、お金に変わると嬉しいですね。
*新潟県/三重県/鳥取県/高知県/長崎県/沖縄県はエリア外のようです。

 

もし捨てる場合は自治体が一番安いですが、連絡から処分まで日数がかかるので、なるべく早めに連絡しましょう。

下矢印

荷造りは早めに始めておく

 

引越し日が決まったら、使わないものから徐々に荷造りしていくのがコツです。
いらないものはどんどん廃棄して、使わないものは毎日梱包していきます。
梱包したダンボールは部屋の隅に置いていくと、物が減っていくので準備が楽になっていきます。

 

梱包は、なるべく同じ場所に置くものをまとめておくと、配置する時が楽です。

 

食器やPCなど、破損の心配がある荷物は、引越し業者の梱包サービスを利用すると安心です。

 

下矢印

新居の配置を決めておく

モニター

新しい部屋で、家具や家電などの大型のものをどこに配置するのか、先に決めておくとかなり楽です。
重い荷物は一人だと大変なので、引越し先で、業者にその場所まで持っていってもらえば手間が省けます。

 

ダンボールも、配置する場所の近くに置いてもらうようにします。

 

最初に配置を決めておく事で、重い家具やダンボールを自分で運ばなくてもよくなります。

下矢印

引越し当日は時間の余裕を持つ

引越し会社はなるべくタイトに予定を入れますし、渋滞で予定がずれる事は多いです。
ある程度余裕を持って時間を空けておいたほうがいいですね。

 

これまで、一人暮らしの引越しを簡単に進められる手順をまとめました。
一人暮らしの場合、それほど荷物は多くないですし、引越しは簡単な方だと思います。
この手順でやっていけば、後からやり忘れて前の住所に戻る心配が無くなりますし、スムーズに引越しが出来るので、ぜひ活用してみてください!

一人暮らしの引越し費用を安くするポイント(準備編)

これまでの手順に加えて、より安く引越ししたい方のためのテクニックを紹介します。

 

一人暮らしの引越し費用は、ファミリーに比べてかなり安い方です。
それでも、引越し会社によって数万円も見積もりに差がつく事がありました。

 

そのため、一人暮らしの引越しはどうしたら安くなるのか?ポイントをまとめます。

 

ダンボールの費用を浮かす

  • イオンやマルエツなどのスーパーでもらう
  • 引越し業者から廃ダンボールを無料でもらう

 

この方法ならダンボールは無料で調達できます。

イオンだと食品売り場に置いてありますし、スーパーだと店員に言えば持ってきてくれます。

 

他にも、楽天ヤフーショッピングで安く購入出来ますが、ダンボールが10箱未満なら、スーパーの方がいいでしょうね。
引越し会社にダンボールを持ってきてもらう方法もありますが、かなり高いのでおすすめできません。

 

 

リサイクル業者を利用して換金する

 

リサイクル業者を利用すると、廃棄するよりもコストが抑えられたり、うまくいけばお金になる事もあります。
そのため、高価だったものは、リサイクルショップをあたってみるといいでしょう。

 

引越しで役立つリサイクル業者を下記にまとめておきます。
大型の不用品は処分費用が高いので、先に買取店に連絡するといいですね。

 

一人暮らしの引越し費用を安くするポイント(業者編)

手順で軽く触れましたが、引越しを依頼する時は、直接依頼せずに、引越し一括見積もりサービスを利用するのがポイントです。

 

■一括見積もりのメリット

  • 一人暮らしの引越しに向いている業者が登録されている
  • こちらの荷物の状況に対応した引越し費用が複数社同時にわかる
  • 引越し会社が価格競争をするので、費用が安くなりやすい

普通に業者を探す場合、検索で引越し会社を探しますよね?
電話をするかホームページの申し込みから、荷物の状況や日程を伝えて、見積もりを出してもらいます。
1社だけだと安いかどうかわからないので、何社にも同じ事をしていきます。

 

これはやってみると結構大変で、結局安いかどうかよりも、面倒になってきたから頼もう・・・という感じになってしまいます。
でも、一括見積もりサービスを使うと、1回の入力で、経験上3社くらい比較できます。
大幅に手間が省けますよね。

 

それだけでなく、一括見積もり経由の申し込みだと、業者は他社と比較されている事を知っています。
お互いにお客さんの取り合いになるので、引越し価格が最初から安めです。

 

引越し会社に単独で申し込んだ場合は価格交渉が必要ですが、一括見積もりでは最初から安くなっています。

 

 

比較する業者の数をもっと増やす方法

 一括見積もりサービスを2つ利用する

「引越し侍」と「ズバット引越し比較」を2つとも利用する

 

一括見積もりは便利なサービスなので、1社といわず2社使うとより効果的です。

業者の数が倍くらいになりますので、より幅広く比較する事が出来ます。

 

一括見積もりに登録されている業者は、一人暮らしの引越しが得意なところばかりでなく、ファミリー向けのところもあります。
そのため、比較する業者数が少ないと、安く引越しできない可能性があります。

 

2つのサービスを使う事で、お得な引越し会社を発見出来る可能性は2倍になります。

優良な一括見積もりサービス紹介

引越し侍
上場企業エーチーム運営の一括見積もりサービス。
大手引越し業者はもちろん、全国様々な地域の地域密着型業者もしっかりカバーしています。

 

ズバット引越し比較
全国の200社以上の引越し業者の中から、こちらの引越し条件に最適な業者にまとめて見積もり依頼が行えます。
一人暮らしの引越しを格安で引き受ける引越し業者が沢山登録されています。