学生 一人暮らし 引越し 挨拶

学生の一人暮らし引越しで挨拶は必要?

家族引越の場合は、挨拶周りをするのが、常識とも言えるでしょう。

 

しかし、学生の一人暮らし引越しに関しては、挨拶まわりをしない事が、常識ハズレという事はありません!

 

やはり、学生が一人暮らしで選ぶような賃貸物件の場合ですと、周りに住んでいる方も同じように一人暮らしか、夫婦やカップルが大半です。

 

こうした方達は、同じ家に長く住み続けるという事は、少ない傾向にあります。

 

つまり、何十年もそこで暮らす事を見据えた家族引越しとは違い、近隣住民の人達の入れ替わりも早いのが一人暮らし引越しですから、挨拶しなかったから気まずくなるという事もあまり無いと思います。

 

ただし、挨拶をして悪いなんて事は全く有りません。

 

もし挨拶まわりをするのであれば、両隣と、下の階の住民の方に対して行うのが妥当です。

 

ただし、近隣住人の方に挨拶しない・するに関わらず、大家さんや建物の管理人さんに対する挨拶は、必ずしておいた方が良いです。

 

挨拶の際に渡す粗品

手ぶらで挨拶するよりは、粗品を持参した方が良いかと思います。

 

近隣住民の方に対しては、タオル 洗剤 といった本当に安いもので構いません。
大家さんには、1000円程度の菓子折りなどがオススメです。

 

挨拶をするタイミング

挨拶に行くのに適した時間帯は、午前10時から、夜の8時位が妥当。
ただ、12時〜13時 18時〜19時位の食事時は外した方が良いと思います。

 

引越し当日、新居の方に到着してすぐに挨拶するのがベストタイミングです。

 

「◯室に引越してきた◯◯と申します。これから引越し作業を行うので、ご迷惑おかけしてしまいますが、ご容赦下さい。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」
挨拶の言葉は、こういったもので構いません。

 

ただ、必ずしも引越し当日に挨拶できるとも限りませんので、その場合は後日でも全く問題ありません。

 

引越しを頼む業者は決まりましたか?

 

 

学生の一人暮らし引越しは、料金相場が家族引越しに比べると安いです。

 

しかし、依頼する業者によって、数万円の違いが出ることも少なく有りません。

 

まだ、依頼する引越し業者が決まっていない方は、トップページで解説している、一括見積もりを利用した安い業者を探す方法をご参考下さい。

 

 

 

どこよりも安い業者を探すための方法!>>トップページへ