一人暮らし 引越し ベッド

一人暮らしの引越しでベッドをお得に運ぶ方法

方法1 単身パック+輸送サービス

一人暮らしの引越しをお得に行える単身パック。
しかし単身パックは、規定サイズのボックスやゲージなどに入る量だけの荷物なら利用出来るというサービスです。
ベッドのような大型の荷物だと、ほとんどの単身パックが利用出来ません。

 

しかしベッド以外の荷物を使えば単身パックが使えるという場合もあるでしょう。

 

それならばベッド以外の荷物は単身パックで新居へ運び、ベッドはクロネコヤマトの大型家具輸送サービスなどの輸送サービスを利用。
これによって、費用を安く抑える事が出来る事もあります!

 

ベッドがあるがために、トラック1台貸し切っても、荷台がガラガラは勿体無いですよね。
割高になってしまいますから、この方法はとてもオススメです。

 

運転技術があり、引越し先がそう遠くはないという方は、輸送の変わりに軽トラなどをレンタカーで借りて自分で運ぶという事で費用を浮かせる事も可能です。

 

 

方法2 単身プランを利用する

単身パックはトラックを貸しきらず他の荷物と同時に運ぶ混載便です。

 

単身プランはトラックを1台貸しきるのが基本の、一般的な引越しサービスと考えて良いでしょう。
ただし、一人暮らしの引越しをいかに安くするかを合理的に考えたプランとなっており、費用が安く抑えられやすいです。

 

プラン内容によっては、旧居→新居への移動を100%トラックに頼らず、途中JR貨物や航空便などを利用するといった工夫も費用を安くする秘訣です。

 

荷物量がある程度ある方は、方法1よりもこちらの方法が向いています。

ベッド込みの一人暮らし引越し費用を抑える手順

まず、クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」でベッドを運ぶ場合の料金を見積もってもらって下さい。
申し込みはここではしないで下さいね!

 

この料金を控えて、一括見積もりを使い、各業者から引越し料金を聞いて回ります。
この際、ベッド有り・無しそれぞれの場合の料金を見積もってもらいましょう!

 

一括見積もりで調べた、最安値料金の業者にベッド込みで頼むのが安いのか、先ほどお話した方法1の、ベッド以外の荷物を任せるのが安いのかを比べてより安い方を選びます!

 

 

古いベッドなどをお持ちの方は、引越しを機会に処分して新居で新しいのを購入するというのも一つの選択肢です。
ベッド分の引越し費用を浮かせて新しいベッド購入の頭金にすれば、安く手に入れる事もできますからね。

 

 

 

一括見積もりを使って引越しを安くする方法教えます!-トップページへ-