猫 一人暮らし 引越し

一人暮らし引越しと猫

人間にとって1,2位を争うほど身近なペットでありながら、非常に繊細な動物である
一人暮らしの場合は、猫を世話できるのが自分一人だけですから、色々と大変ですよね。

 

そこで、愛する猫と共に、無事に一人暮らし引越しを成功させるためのポイントをまとめました。

猫との引越しを成功させる3つのポイント

ポイント1〜脱走を防ぐ工夫

猫は環境の変化に非常に敏感な生き物です。

 

そのため、引越しにより周囲の環境がガラっと変わった事によって混乱し、脱走してしまう事が非常に多いです。

 

脱走を防ぐために、まず引越し先の住居の風呂場といった、脱出できない空間に、毛布・トイレなどのある猫用スペースを作ってあげて、そこで2,3日過ごさせてあげて下さい。

 

そうする事で、環境の変化に慣れて、猫も落ち着きます。

 

また、普段使用している、猫自身の匂いがついたベッド毛布などの道具は必ず持っていって下さい。
こうした道具は、引っ越し先でも、「ココは自分のテリトリーなのだ」 と猫が理解し、安心しやすいという効果があります。

 

 

ポイント2〜安全に猫を運ぶ

引越し先が比較的近場である場合は、専用キャリーバッグに入れて、自家用車や公共交通機関で運びましょう。
ただし、移動によるストレスで吐いてしまう事も多いため、引越し直前にはあまり食事をあたえないで下さい。

 

自分で運ぶのが難しいという場合は、ペットの輸送サービスを行う業者に依頼して下さい。
ペットの輸送を頼める業者 → クロネコヤマト ドリームエキスプレス など

 

 

ポイント3〜動物病院を探しておく

万一の際、すぐに頼れる動物病院の場所を探しておきましょう。
過去病院にかかった事があれば、過去の受診記録なども用意しておいて下さい。

 

 

どうしても猫を引越し先につれていけない場合

諸事情により、猫と一緒に引っ越しができない事が、特に一人暮らしの方にはあると思います。

 

もし飼うこと無理になっても、捨てるという事は絶対にしてはいけません。
また、保健所への持ち込みは、ほぼ100%殺処分となるのが現実なので、愛する猫を想えば、できない選択だと思います。

 

まずは、知人や家族に、里親探しをしている事を呼びかけてみて下さい。
それでも引取ってくれる人が見つからなければ、NPO法人に引取り頼むようにしましょう。

 

飼えなくなった猫の引取り 生涯飼育 里親を探し 一時預かり といった活動をしているNPO法人を一部案内します。

この他にも、様々な団体が、同様に行き場の無くなった猫の保護活動を行っています。

 

引越し業者により、同じ依頼内容でも料金は変わります。
時には、料金差は倍以上にも・・・

 

トップページ記事では、最安値料金の業者を探す、簡単な方法をまとめています。

 

 

 

一番安い業者に頼んで引越し費用を大幅に節約>>トップページ