一人暮らし 引越し 準備期間

一人暮らしの引越し 準備期間はどれ位必要?

一人暮らしの引越しは、その気になれば当日に準備をスタートして、当日に完了させるという事も可能です。

 

引越し業者は即日対応してくれる所も少なくありません。
また、仮に当日荷造りなどが全く出来ていないような状況でも、梱包サービスなどを依頼すれば、かなり素早く引越しを完了させる事が可能です。

 

引越し先の物件が決まってさえいれば、引越し準備の開始が引越し日であってもなんとかなるのです。

 

しかし準備を開始した日に引越しをするのが可能というだけであって、本来はもっと余裕を持って引越し準備を行うべきでしょう。

 

余裕があるならば、2、3ヶ月前。
それが無理だという場合でも2週間〜1ヶ月前には、引越し準備を始めていくというのが理想的です。

 

準備期間を長く作るメリット

2ヶ月以上前から準備を始めれば、色々な事を余裕を持って行う事が出来ます。

  • 最安値の引越し業者探し
  • 不要品を最もお得に処分する
  • エアコン工事などの最安値サービスを探す
  • 荷造り

 

最安値引越し業者は、一括見積もりを使って探しましょう。
別に引越しの2、3ヶ月でなくても探す事は可能です。
しかしこれだけ早くに業者探しを行えば、引越し予定日に業者側のスケジュールが埋まっているという事は稀です。
それに早めに予約をすれば、料金が割引きになる事もあります。

 

 

処分品の処分方法は、廃棄処分とリサイクル処分があります。
有料で廃棄処分をするよりも、リサイクル業者に買取してもらった方がはるかにお得ですよね。
リサイクル業者を探したり、処分品を査定してもらったりと・・・そうした事にかかる時間がありますから、早い段階から不要品をどう処分するか考えておく事にはメリットがあります。

 

 

引越しの際はエアコン工事やハイスクリーニング、ピアノ運搬などのオプションサービスを引越し業者に依頼する事が可能です。
しかし、これらのサービスは専門に行っている業者もあり、そちらに依頼した方が安上がりになる事もあります。
時間があれば、引越し業者だけではなく、こうした専門業者の比較を行う事も可能です。

 

 

荷造りは早い段階で、始めてちょっとずつ終わらせていくというのがベストでしょう。
荷造りを自分で全て行えば、業者に梱包サービスを依頼する必要もありませんから、費用の節約にもなるでしょう。

 

 

一人暮らしの引越しは規模から考えると家族引越しほど大変ではないでしょう。
しかし説明した通り、準備が早いに越したことはありません。
それに準備は全て自分1人で行う事が基本なのですから、土壇場になって開始すると間に合わなくなってしまう事もあります。

 

 

 

一人暮らしの引越しはこうやって安くできる!-トップページへ-