一人暮らし 引越し 心づけ

一人暮らしの引越で心づけは必要?

引越し業者に依頼した時、契約通りの料金を支払えば作業は行います。
この料金とは別に、当日派遣された作業スタッフに、感謝の気持ちの証として、いくらかの現金をお礼として渡すというのが、心づけ・・・

 

果たして、心づけ(チップ・謝礼)は、引越しの際に業者の作業スタッフに渡すべきなのか?

 

そんな気になる疑問はこのページで解決できます!

 

心づけは不要です

心づけは、基本的に不要なんです。

 

日本人・・・特に比較的若い世代の日本人は、チップや心付けといった習慣を、あまり好まない傾向があります。

 

こうした背景もあり、心付は受け取りません!と宣言する引越し業者が多いです。

 

見積書には、しっかりと人件費〜円と書かれています。
つまり、会社を通して、作業スタッフにお金を支払っている訳ですから、心づけは不要なんです。

 

心づけを渡した方が安心する・・・という場合

不要といっても、数時間はこちらの引越しを間近でサポートしてくれる作業スタッフの方に、心づけを渡した方が安心する・・・という方もいらっしゃると思います。

 

そういった場合は、作業スタッフ1名に付き500〜1,000円、作業班長の方には一般のスタッフの2倍の金額を渡すと良いでしょう。
お金はポチ袋に包み、班長の方に作業開始前にまとめて渡すのがベストです。

 

心づけ以外でお礼の気持ちを伝える方法

何も現金でお礼をするのが全てではありません。

 

飲み物も、作業スタッフの方へのお礼に最適です!
会社の方針で心づけの受取りを絶対にしない場合も、飲み物程度なら受取ってくれるはずです。

 

飲み物を渡すタイミングは、休憩時間や、作業が一段落ついた合間などを狙って、班長の方にまとめて渡しましょう。

 

ただ、一番大事なのは、感謝の気持ちを言葉で伝えるという事です!

 

よろしくお願いします ありがとうございます

 

心をこめて、この言葉を伝えるのが一番ですよ。

 

 

一人暮らしの引越しを、安くする努力を、各引越し業者は重ねています。

 

まだ引越し業者を決めていない方は、無料のオンラインサービスである、一括見積もりを活用して、最安値料金の業者を探して下さい!

 

 

 

一括見積もりで最安値料金の業者を探す方法-トップページ-