一人暮らし 引越し 荷造り

一人暮らし引越しの荷造りのコツ

一人暮らしの引越しも荷造りには時間がかかるものです。
この記事では荷造りのコツについて解説していきます。

 

荷造りはいつから始めた方が良い?

必死で頑張れば引越し前日だけで終わる事もあるでしょうが、出来れば1ヶ月前から少しずつ初めて行きましょう。
最初は衣類や書籍、CD等、引越しまで使わない物を梱包していき、引越し日が近づいてきたら使用頻度の高い物も梱包していく・・・といっが流れにしましょう。

 

また、荷造りをしていく過程で不要なものが出てくる事もあるでしょう。
こうした物の処分には日数が必要な事もあるので、日にちに余裕を持たせるのがベストです。

 

荷造りのために必要なものは?

 

  • ダンボール

引越し業者が無料で提供してくれる事もあります。
ただ有料となっている場合は、ホームセンターやネット通販で安く買ったり、引越し業者から廃ダンボールをタダで貰うなどすれば安く済みます。

 

  • ガムテープ
  • ハサミ
  • カッターナイフ
  • 油性マジック ラベルシール
  • 輪ゴム

ダンボールに何が入っているか解るようにします

  • 新聞紙 緩衝材

割れ物等の荷物を保護するために使います

  • 工具

組み立て家具等の解体に使います

  • 清掃道具

荷物を片付け空いたスペースは汚れているものです。
荷造りと清掃はほぼ同時進行です

 

荷造りのポイントは?

重い物・大きい物は下に

重い物・大きい物は下に積み、その上に小さい・軽い物を積む形で荷造りをしていきましょう。
重い荷物は小さいダンボールに、軽い荷物は大きいダンボールに積めるという法則も覚えておいて下さい。

 

割れ物梱包のポイント

食器など割れ物は1つ1つ、新聞紙や緩衝材で包みます。
ダンボールに隙間が出来ないように丸めた新聞紙を詰める事も忘れないようにしましょう。

 

調味料の梱包のポイント

調味料等、液漏れの恐れのある物は、口をラップやビニールで包み、輪ゴムをします。
さらに容器そのものを袋を2重位にしましょう。
運搬中に液が漏れて他の荷物にかかると、大変な損害になる事がありますのでご注意下さい。

 

一部荷物の荷造りを業者に任せるのも有効

一人暮らし引越しだからと、全て梱包を自分でしないといけない訳ではありません。
破損が心配なものや、高価な物などは引越し業者の荷造りサービスを利用するのも有効です。

 

 

引越し費用節約のコツは、安い引越し業者を探す事。
トップページでは、一括見積もりを使った”正しい”引越し業者探しなど、安くするためのノウハウを解説しています。

 

 

 

引越し費用を安くするためのノウハウ解説はこちら>>トップページ