一人暮らし 引越し 予算

一人暮らし引越しの予算

一人暮らしの引越しをする際にかかるお金とは

  • 家賃関係
  • 新生活を始めるに当たり必要な物の購入費用
  • 引越し業者に依頼する料金

主にこの3つです。

 

家賃関係の予算

地域やどの程度の価格帯の物件に住むかで大きく変わります
賃貸ではなく部屋なり戸建てを購入して住むという方も居るはずです。
賃貸の場合は、家賃の5倍が標準ですが、今は敷金礼金ゼロの物件も多く、家賃の倍程度(仲介手数料がかかる)で済ませられる事もあります。

 

必要な物の購入するための予算

これも人それぞれで金額は大きく変わります。
なお、学生や新社会人の方で、初めて一人暮らしを始めるという場合、必要なものは極力引越してから必要なものを購入するようにして下さい。
引越し前から荷物を増やしてしまうと、引越し業者の料金が高くなってしまいます。

 

引越し業者に依頼するための予算

近場への引越しや荷物量がかなり少ない場合を除けば、引越し業者に依頼する事が一般的です。

 

一人暮らしの引越しで、業者に依頼した場合にかかる料金は
3万円に移動距離1km×200円を足した金額が目安と言われています。

 

ただし単身パックや単身プランなど、引越し業者は一人暮らしの引越しを安く出来るよう様々な工夫をしています。
荷物量や移動距離にもよりますが、1万円〜2万円という安い料金で済んだ例も少なくありません。

 

 

一人暮らしの一般的な予算は!?

上述した通り、人それぞれ異なるので「◯円です!」と答えを出すのは難しいのです。
ですので大雑把ではありますが目安を紹介しましょう。

 

家賃関連の予算

家賃7万円と仮定して40万円

 

必要なものの購入の予算

TVやレンジ、冷蔵庫、テーブル等、家電・家具が一通り揃っていると仮定して 2万円

 

引越し業者に依頼する予算

同一地方内で標準的な一人暮らしの荷物と仮定して 4万円

 

計46万円

 

といった所が予算の目安です。
最も先ほどから説明している通り、条件・・・特に家賃関連は人それぞれ異なりますから、それによって大きく予算は変わります。

一人暮らし引越しの予算が少なくても済むようにする為に

家賃関連 必要なものの購入
この2つの条件の内容変更は難しいという方が多いと思います。

 

 

そこで引越し業者に依頼する料金を極力安くする工夫をしましょう。
荷物量を減らす
料金が安くなりやすい平日や大安に引越す
月の中旬に引越す、安い引越し業者を探す
といった事で料金を抑える事が可能です。

 

特に一括見積もりを使って安い業者を探すと、思いの外予算が少なくて済む事もありますよ。

 

 

 

安い引越し業者を探して数万円〜10万円以上浮かす!>>トップページへ